作業環境

管理項目 管理値 実績値
クリーンルーム Class 1,000 0~422
クリーンベンチ class 100 0~29
温度 24℃±3 22~25.5℃
湿度 50%±15 43~62%

測定対象塵埃径:0.5μm

クリーンルームへの入室例

クリーンルーム内へ入室する前に、手袋(ニトリル)の洗浄と乾燥を行います。その後、個室にてエアーシャワーを浴び、無塵着に付着している塵埃を除去致します。

 

静電気に対する対応

静電気の発生源として、人そして使用する部材からの発生があります。
作業者より発生する静電気から、お預かりしている製品を守る為、導電性靴又はリストラップを用い、
静電気を除去しております。

 

部材から発生する静電気については、イオナイザーを多数配置し、瞬時に除去する対応をとっております。

 

 

 

 

 

 

 

クリーン度の維持

クリーンルーム内のクリーン度を保つ為に、作業台、椅子や検査設備は、1日2回の清掃を実施しており、毎月クリーン度の確認を各クリーンルームにて実施しております。

 

クリーンルーム内の空気の流れ

トレイ詰め時、装置内の可動部により、塵埃が舞うことを懸念し、装置の扉等を開放し、発生した塵埃を直ちに製品の下へ追いやる事により、製品への塵埃付着を防止しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

純水

クリーンルーム内へ入室する際のニトリル手袋を洗浄する時だけではなく、お客様からお預かりしている製品を加工する際にも純水を使用し、不純物による汚染を防止しています。

 

「環境への取り組み」の一環として純水のリサイクルを行っております。